結婚

「婚約指輪の相場」

婚約指輪には、絶対にこの金額のものを買わなければならないという決まりはありません。
贈る側の気持ちと送られる側の気持ちです。
気持ちは金額では決まるものではありませんから、無理のない金額のものを購入するようにしましょう。

婚約指輪とは、女性が「この人と一生一緒にいたい」と想う人からの一生に一度のプレゼントです。
男性が女性へプロポーズとして贈るのが一般的だと思います。

その昔は、「結納」というものがあり、けそれが婚約の儀式だったのですが、
今では結納をされる方は少なくなりました。
結納が婚約指輪を渡すという形に変わってきているのです。

この婚約指輪というのは、婚約中の女性だけが身につけることのできるものなのです。
この婚約指輪には「変わらない愛を誓う」という意味が込められています。

昔から婚約指輪は「お給料3ヶ月分」と言われていますが、これは根拠もないウワサなのです。
婚約指輪の相場は大体平均して30~40万円と言われています。
お給料の3ヶ月分というと、とてもじゃないけど手が届かない・・・と思われがちですが、
30~40万円位であれば、贈る男性側にも安心なお値段ではないでしょうか。

40万円ほどのもので、石の大きさにこだわるのではなく、
0.3カラット位の素敵な気にいったデザインのものを選ばれればいいかと思います。
今は様々なデザインが用意されていますので、気に入るものが必ず見つかるはずです。

婚約指輪を送るということの意味。
その意味を婚約指輪に込めるということなので、
世間で言われている平均相場というのは気にせずに、無理のない範囲で、自分たちにふさわしいものを選ばれるのが、
一番よろしいかと思います。

ローンを組んでまでものすごく高い婚約指輪を購入する方もいらっしゃいますが、
結婚をしたらそのあとには新婚生活も待っています。
その結婚生活を切り詰めてまで買うものでもありません。

30万~40万円でも大金ですから、男性にしてみればその金額を作るのは大変なことでしょう。
ただし、いただく婚約指輪は女性にとってはあくまでも男性の気持ちと愛の形ですから、
金額の大小にこだわる必要はないと思います。
自分に見合うだけの金額の指輪をどうか、探していただければと感じます。