結婚

「ダイヤモンドの質の違い」

ダイヤモンドには4cと言われるクオリティーに分類されており、そのどれを優先しえ購入するかによって金額に違いが出てきます。
全てにおいて最高級というダイヤモンドは非常に高くなります。

ダイヤモンドにはクオリティーと呼ばれるものがあり、このクオリティーによって値段に差が出てきます。
ダイヤモンドのクオリティーを鑑定するにはいくつかの方式がありますが、こ本ではGIAの方式が一般的に使われています。

女性であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、「4c」というクオリティーの目安があります。
この「4c」によってダイヤモンドの価格が違います。
4cとは、「カット」「クラリティー」「カラー」「カラット」の Cで始まる4つの分類です。
1つずつ見ていきましょう。

まずは、「カット(cut)」
ダイヤモンドにはいろいろな形状があります。
一般的に知られているカットは「ブリリアンカット」です。
このブリリアンカットのなかにも、5段階評価が有り、
①エクセレント
②ベリーグッド
③グッド
④フェアー
⑤プアー
となっています。

エクセレントが最もいい評価でプアーが一番悪い評価です。
この評価基準は日本と他国では、多少異なる場合もあります。

次に「クラリティー(clarity)」
ダイヤモンドがいかに透明かという評価です。
こちらの評価はF→IF→VVS1→VVS2→VS1→VS2→SI1→SI2→I1→I2→I3と、11段階に分けられています。

FとIFはほぼ無傷のもの。
VVSからVSは、専門家がルーペでみてもキズが見つけにくいというもの。
SIは、ルーペで見るとキズや内包物が見つかるが、肉眼では見えないというもの。
Iは、肉眼でも傷や内包物が見えてしまうもの。
だいたいこのように分けられています。

次に「カラー(color)」
アルファベットの Dからはじまり、Zまでわけられていて、
無色がD~F ほとんど無職に近い G~J、かすかに黄色っぽい K~M、薄い黄色に近いN~R、黄色いS~Zと細かく分けられています。

色がついているダイヤモンドは良くないの?と思われてしまうかもしれませんが、
色の美しく付いたダイヤモンドは「ファンシーカラー」と呼ばれていて、珍しいダイヤモンドであるとされています。

そして最後が「カラット(carat)」
ダイヤモンドの重さの表記です。
1カラット0.2グラムとされています。

また、こちらの サイトではエンゲージリングのサイズについて、詳しく解説していました。オススメのサイトです。
ダイヤモンドの結婚指輪を購入する際は、ダイヤモンド専門店http://www.inventbay.com/bri.htmlを利用するのが良いと思います。