結婚

「婚約指輪の決定権は?」

カップルによってそれぞれ購入の仕方が違うように思います。
女性に決定権が強くあるように思えますが、心を込めたプレゼントになってくれれば、
それが婚約指輪の持つ意味があるのだと思います。

婚約を決めた男女のあいだでやり取りされる婚約を記念して贈られるものが、
婚約指輪と呼ばれるものです。
婚約指輪の持つ意味←もっと詳しく知りたい方必見です。

予算がなくて購入できないかたや、婚約指輪に意味を感じないという方もいらっしゃるようですが、
そういう方でも指輪以外のもの(例えば時計とか)を購入される方もいらっしゃるようですが、
やはり指輪を購入される方がほとんどだというのが現在の兆候です。

婚約指輪をどれにするかの決定権はいったい誰にあるのでしょう?
婚約指輪の渡し方にもいろいろあると思います。

婚約指輪を購入してからデートの時に突然渡す方もいらっしゃるでしょう。
逆に婚約することを決めてから彼女と二人で婚約指輪を見に行く方もいらっしゃるでしょう。

また、彼女が「結婚する時にはこの指輪が欲しい」と考えている場合もありますから、
状況によって様々なパターンがあるとおもいます。

彼女の突然婚約指輪を差し出すという場合には、完全に男性側に決定権があります。
突然もらう喜びは、女性にとってひとしおでしょうね。
彼が彼女のためにショーケースに並ぶ婚約指輪を選んでいるのですから。
きっと彼が見て一番彼女に似合うものを考えながら選ぶのだと思うと、本当に微笑ましいです。

そして二人で買いに行かれる方たち。
この場合の決定権はほとんど女性にあるのではないでしょうか。

デザインや石の大きさ、ストッキングなどに引っかかったりしないようにと、
その先の使い心地も考えながら選ばれる方が多いと思います。
予算の部分で男性が口を出すこともあるでしょうが、自分の欲しいものを選ぶのはやはり女性になるのでは?と思います。

そして、女性がひとりで買いに行く時。
あるいは、既に欲しいモノが決まっているとき。
完全に男性に決定権はありませんね。

どの形にしても、愛を形にするのが婚約指輪です。
そのカップルによっていろいろあるかもしれませんが、いずれにせよ、気に入ったもの、
あるいは気に入ってもらえそうなものを心を込めて探されるのでしょうね。
また、こちらの サイトには、婚約指輪のさまざまなデザインについての解説があります。