結婚

「マリッジリングと組み合わせられるエンゲージリング」

タンスの肥やしになりがちな婚約指輪を、結婚指輪とダブルで使用することで、
さらに輝きを増すというこの組み合わせることができるリング。
ずっと使い続けてもらうことができるというのは送った側の男性にも嬉しいことですね。

昔は婚約指輪は婚約しているあいだしか身につけることができないものとされていました。
どんなに高価な婚約指輪をプレゼントしても、時が経つにつれ、
タンスの肥やしになってしまうことが多かったんですね。

しかし現代になって、婚約指輪をずっと身につけていたいと思う女性が、
増えてきているように思われます。
マリッジリング(結婚指輪)とエンゲージリング(婚約指輪)を、
重ねて身に付ける女性が増えてきたのです。

一昔前は、エンゲージリングとマリッジリングを、一緒に購入するという概念がありませんでしたから、
別々に購入したものを二つ一緒に左手の薬指にはめるという形でしたが、
そういう利用方法の方が増えてきたということで、ジュエリー業界では、
エンゲージリングとマリッジリングを組み合わせて作ってあるものを、販売するようになってきています。
こちらのサイトにも、結婚指輪と婚約指輪を一緒に選ぶという解説ページがありました。

ジュエリーショップにいくと、女性用だけは、
エンゲージエリングとマリッジリングの組み合わせで販売されているものを、多く見かけるようになりました。

二つの指輪を同時に身につけても邪魔にならず、お互いのリングを引き立たせるようなデザインが考案されており、
二つが組み合わさっていなければシンプルに。
組み合わさっているとよりゴージャスに見えるように作成されているものが多いです。

エンゲージリングを購入するときにマリッジリングを一緒に購入してしまうこともできますし、
エンゲージリングだけを先に購入し、あとからマリッジリングを付け足すように購入できるショップもあります。
これは、販売しているショップによって様々ですので、ショップで購入される時にお聞きになるのがよろしいかと思います。

タンスの肥やしになってしまうことなく、ずっと身につけていられるエンゲージリング。
マリッジリングとダブルで指にはめることで、さらに輝きが増すリング。

セットで付けることをはじめから考えられて作られていますから、デザインも可愛らしい素敵なものが多数あります。
セミオーダーのものから、フルオーダーのものまで、多種多様に選ぶことができます。